未分類

フリーランス向け求人サイトの選び方 フリーランスお奨め求人サイト【2トップ】

投稿日:2019年11月17日 更新日:

フリーランスになれるかな?なるためのステップとして現役のフリーランス「フリーランス向けの求人サイトを知りたいな。

  • 『おすすめサイトはどこだろう…?』
  • 『フリーランスになったその先は? 仕事受注はどうするのかな?』
  • 『フリーランスとしてやっていくコツがあれば知りたいな。』

このページではこういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容
・フリーランスお奨め求人サイト【2トップ】
・フリーランスは求人サイトだけでなく、有利な選択肢がいっぱい!
・フリーランスが世の中の憧れの職業に!

 

この記事を書く私は、フリーランスの知合いがいてその人から
うらやましい話を聞いて自分の会社生活とのギャップを目の当たりにしています。
せめてブログだけでもと思い記事を作成しています。

その彼は、フリーランス歴が約3年くらい、現在は一般的なサラリーマンよりは高収入です。あとは仕事もある程度仕組み化されているので自動収益も増えているそうです。
こういった背景をご説明します。

フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ2トップ

結論から言うと、フリーランス向けの求人サイトはどれも大差が無いようです。
とりあえず主な2、3社くらいに登録して、自分にフィットしそうな気になる案件がきたら問合わせれば良いかと思われます。

 

フリーランス向けの求人サイト【まず登録すべき主な求人サイト】

レバテックフリーランス|選ばれる3つの理由 ①高単価 ②マッチング ③フォロー(フリーランス向けの求人)

ギークスジョブ|高額案件、スキル向上、ライフサポート(フリーランス向けの求人)

ざっとこの2つです。選択肢が多すぎても悩むだけなのであえて2つに絞っています。

ただ、他にも転職エージェントはありだと思います。
なぜなら、転職エージェントなら、登録して待っていれば勝手におすすめな案件を提案してもらえますからです。

「転職ってことは就職じゃないのか」って思うかもしれませんが、
勤務条件が交渉できます。
僕の例でいうと、リ●●ートやD●M等の案件を紹介して貰えました。
勤務条件は、ほぼ完全リモート(月1回出社)を希望し、
年収交渉では、ざっと1,00万円以上を希望したそうです。。。

結果としては入社しなかったのですが、選択肢としてはありかもしれません。
フリーランスで稼げなくなった時用に取っておくそうです。

» ワークポート|転職コンシェルジュ”による専門性の高い転職サポートは、 ワークポートだけ。

 

新サービスも見ておこう

最近ではフリーランスの独立支援サービス等も出ています。

Midworksというサービスで、働き方考の一つとしても良いかも知れません。
» Midworks|正社員でフリーランスな エンジニアライフを Midworksで実現しませんか?

 

フリーランスは求人に依存しなくていい

フリーランス向けの求人サイトを紹介してきましたが、これらに100%依存はNGでしょう。フリーランスの働き方は一つに縛られないところが良い点でもあります。

未来が明るいフリーランスの仕事探し

仕事探しの方法は幅広く存在していると思われますが、
メインどころはこんなところではないでしょうか?

・フリーランス求人サイト
・転職エージェント
・ツイッター、ブログ、フェイスブック等のSNSネットワーク

中でも成功しているフリーランスは、
やはり【ツイッター、ブログ】をフル活用して顧客への価値を提供しています。

自分のスキルを見直して、仕組化や商品化することで、
営業話が舞い込んだり、ツイッターやブログだけでも非常に販売しやすくなります。

まだ始めていない人は、いつやりますか? →今でしょ!

ツイッターやブログは資産のポートフォリオにもなり得ます。
収入源を増やして安定したフリーランスLIFEを送りましょう!

フリーランスのための求人サイト

レバテックフリーランス|選ばれる3つの理由 ①高単価 ②マッチング ③フォロー(フリーランス向けの求人)

ギークスジョブ|高額案件、スキル向上、ライフサポート(フリーランス向けの求人)

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした